×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

思春期にきびは成長ホルモンの影響もあります

思春期のにきびは、当の本人にしてみれば非常に気になるところです。思春期のにきびは顔などの目立つ場所に出来やすく、スキンケアや化粧品などの影響を大きく受けます。また、思春期にきびは、脂分の多い肌の人に出来やすいとされ、成長ホルモンの影響により皮脂が過剰に分泌されることも原因です。
思春期に限りませんが、私達の皮膚の毛穴にはアクネ桿菌という菌がいて。にきびが化膿する原因は大抵アクネ菌や雑菌によるものです。 思春期のにきびを防ぐためにはバランスの良い食事を捕ることが大事ですが、食事で補えない栄養素はサプリメントなどでを摂る方法もあります。思春期にきびにの予防には、ビタミンb類をしっかりと摂ることが大切で、皮膚の抵抗力を強めてニキビを予防できます。
思春期にきびの原因は、過度のストレスや疲労、不規則な生活、慢性の寝不足、生理不順などもあります。こういった過度のストレスや疲労・寝不足などが続くと、内臓の機能も低下するので思春期にきびが起こりやすい原因となるのです。

思春期にきびは顔に出やすい

思春期のにきびで一番気になるところは顔ですが、背中など皮脂が出やすいところにもにきびが出来ます。背中などは汗をかきやすいのでニキビが気になるときはこまめにタオルなどで汗をふき取るようにします。
顔に出来る思春期にきびで、口の周りに出来るのは胃腸が弱っている場合が多いようです。思春期にきびが気になるのなら、偏食や暴飲暴食などを避けて、まずは胃腸の調子を整えることが先決です。ビタミンB2やB6不足や、過度のストレス・冷え性なども口の周りに思春期にきびが出来る要因の1つです。また、にきび予防としては、化粧品の使いすぎに注意することも大切です。にきびを隠そうとして化粧を厚くするとニキビを悪化させてしまいます。
思春期にきびは首にも出来ますが、服のえりやマフラーなどの刺激が考えられます。首のにきびが気になる方は、タートルネックの服など、首に刺激の与えるような服装は避けたほうが良いでしょう。

思春期にきびを防ぐには肌をきれいにすること

思春期にきびを予防するには、肌を清潔に保つことが重要になります。夏は汗とともに皮脂の分泌が多くなりますが、冬は皮脂の分泌も少なく、皮膚の表面がカサつく季節です。にきび予防にはなるべく化粧品を使用しないのが望ましいのですが、ニキビ肌を保湿する時には、化粧水、ノンオイルのジェルなどを使いましょう。思春期にきびを作らないためには、季節に合わせた対策が必要です。
顔を洗う時は、微アルカリ性の洗顔石鹸を選んだ方が、どんな肌の人にでも使えますし、肌にもいいです。思春期にきびが気になるときは、洗顔は必ずぬるま湯で洗いましょう。洗顔の仕方ですが、ごしごし肌をこすることは、かえってにきびを増やすこととなってしまいます。洗顔料をすすぐときは、8〜10回程度念入りにすすぎましょう。洗顔は朝・夜、1日2〜3回が理想で、思春期にきびが気になるからといって、洗顔の回数をむやみに増やすことは、かえって皮脂の分泌を増加させ、思春期にきびが出来やすくなってしまいます。

Copyright © 2007 思春期にきびの対処法